読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろなカベ(Transcending Boundaries)

個人を起点に考えざるを得ない現代。社会に生まれ落ち生きてかなきゃなんないのは中々つらい。いろんなカベの造りや超え方が分かれば、なんだか楽しくなりませんか?

基本原理

つながりやすさ

人と人とはつながりやすい。 つながりやすさって満遍なくそして穏便平和な世の中にはつながるとは限らない。 ガブリエル・タルド(1843-1904)という人がいました。 国が現在のカタチ(いわゆる主権国家)に収斂し始める時期に、統計・計数による管理の威力…

喋ることの意味

発言するという行動がとれることに含まれている意味について書きました。 ほとんど一緒のようだけど、発言よりももっと軽い感じで、何気なく入る会話。挨拶でもいいと思います。 で。 それらの意味とは? 「真実を明らかにする。」 大げさすぎるでしょうか?…

分かるか分からないか2

アバウトさは意外と私たち人間の強みなのではないか?という話をしました。でも、現代の世の中は、どちらかというと厳密さを求めているようにも感じます。科学にしても、法律にしても、仕事上の手続きにしても。どれをとっても、現代社会を円滑に運営してい…

善悪のかたまり

常識ってフツーの人々のアートなんじゃないか?って気がしています。 気付きの時点で「善」「悪」の区別が含まれていると言いましたが、実は気付かないでとっている行動にだって含まれている。ただ、気付いていない以上、日常生活に活かすことができる知恵、…

気づきから始まる

大人になると、いろんなことが見えてくる。特に現代を生きていれば、成長とともに強化されるのは理屈。小さな幼子が理屈をこね始めるのはなんだか見ていてほっこりする。でも、それも段々とうざくなったりもする。大人は理屈で考えるのに、子どもが理屈をこ…