読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろなカベ(Transcending Boundaries)

個人を起点に考えざるを得ない現代。社会に生まれ落ち生きてかなきゃなんないのは中々つらい。いろんなカベの造りや超え方が分かれば、なんだか楽しくなりませんか?

分かるか分からないか1

あまりにも当たり前すぎるかもしれませんが、私たちは世の中のモノコトを名前で呼んだり、モノの性質や動く様子、コトのいきさつなどを言葉にして理解します。算数の図形のように線を引いたり、数式で表したりもしますが、日常の様々な用事を済ませたりするにあたっては、圧倒的に言葉という道具を駆使しています。

言葉って一体どこからやってきたのでしょうか?

勿論何でもかんでも分かっていることを言葉にしたりしませんけど、「感じたこと」「考えていること」って何?って注意を払うと、それらは大体言葉で表されますね。

でもまさか、体のどこかに痛みが走った時に、「痛いっ」て言葉が信号になって、痛みの場所から神経を通って脳みそに至り、それが口から出てくるなんてことはありません。

黄色いタンポポが目の前にあるのが分かっているのは、目の前の植物らしい物体から「黄色いタンポポ」っていう信号が飛んできているからでもありません。

ということは、主に脳みそを使って、光とか体で感知された信号とかが、言葉に変換されているはずです。

言語学者さんや脳科学者さんたちは日夜そのへんの過程を研究されていることでしょう。

でも私は私たちが日常的に駆使している知識とか技法とかに興味がありますので、そちら方面への深入りはいたしません。

「そんな乱暴なことってあり?」と思われるかもしれませんが、私は、私たちは日々言葉のようなもので様々なモノコトを感知して理解していると考えています。

言葉のようなものって?

ほぼ無限に受け続けているであろう様々な刺激を、一つ一つバラバラに処理しているのではなくて、ある程度のデータがかたまって動くものを単位にして、それらの比較参照を行っている感じです。

そのどの辺が言葉のようなのか?というと、ある程度のデータがかたまって動く、その様子を単位としてキャプチャーするということは、データが時系列に順序だって並ぶ、と想定しています。言葉にも語順や単語、文という順序のある程度決まった単位がありますよね。なので、言葉のようなもの、と私は考えているのです。

全く厳密性はありません。ただそう考えた方が色々といいことがあるのです。

私たちが日常感じたり考えたりすることってそんなに厳密じゃありませんよね?

分かり切ったことと思っていても、いざ説明しようとすると詰まってしまったり。

でも、厳密じゃないってことが致命的な障害になっているわけでもないじゃないですか?(問題も起こりますが、厳密に分かるまで全く身動きが取れないなんてことはないですよね?)

ということで、かなり乱暴に思える「言葉のようなもの」を推論ツールとして活用することによって、私たちが日々駆使しているであろう推論の理屈が説明できるのではないか?というのがアイデアです。簡単に言うと最初っから厳密性にこだわり過ぎない、というのがミソです。

かなり抽象的で分かりにくく、かつ、私独自のアイデアの話でしたので、以下「推論」について簡単に説明して、解釈のプロセスについての詳細は次回以降にさせていただきたいと思います。

比喩的推論について

私たちは普段厳密性にそれほどこだわっていない 、と申し上げた通り、基本的には推測でモノコトは扱われます。仮定と言ってもいいかもしれません。先ほどまで説明させていただいた「言葉のようなもの」を、この推測や仮定を組み上げるプロセスに、どのように適用できるのでしょうか?

時系列の順序に並んだ一連のデータ同士を比較参照すると、推論が捗るのです。

何故かといいますと、データを一つずつ照合しようとすれば、結果は「当たりか外れ」、「同じか違う」など二者択一に限られてしまうのに対し、お互い複数のデータを含んでいて、順序がある程度決まっていると、パターンの照合ができるのです。特にデータの種類が限定されていれば。実際神経細胞が扱うデータ(情報伝達のために利用される化学物質)は無限に種類があるわけではありません。

パターン照合というのは、「似ているかどうか?」といった程度にアバウトですが、そのアバウトさが故に、より複雑な情報が扱えるのです。

「言葉のようなもの」を扱っていると考えていますので、言葉を比喩的に使わせていただきますと、石と角がほぼ同じ道具に使われたり、動物の大きさとか動きの速さ(遅さ)からリスクを察知したり、雲の色や形から気候の変化を予測したり、見たこともない巨木に厳かなる感情を持ったり、リンゴとミカンが果物と分類できるんじゃないか?とか、、、。単純な照合に見えて、ちょっとしたズレや違いなどまでもが新たなパターンとして使えるようになる(リソースになる)感じです。

どうでしょう?

科学全盛の現代に育った私たちとしては、厳密な分析能力であるとか、論理の整合性であるとかが人間の強みのような気もしてしまいがちですが、実はよく分かんなくても進む、っていうアバウトさといいますか、無謀といってもいいぐらいの勇敢さなどこそが強みなんではないか?なんて思えませんか?

当然強みなばかりでは済まないのですが、そのあたりも次回触れられればと思います。