読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろなカベ(Transcending Boundaries)

個人を起点に考えざるを得ない現代。社会に生まれ落ち生きてかなきゃなんないのは中々つらい。いろんなカベの造りや超え方が分かれば、なんだか楽しくなりませんか?

喋ることの意味

言葉 道徳 基本原理

発言するという行動がとれることに含まれている意味について書きました。

 

ほとんど一緒のようだけど、発言よりももっと軽い感じで、何気なく入る会話。挨拶でもいいと思います。

で。

それらの意味とは?

 

「真実を明らかにする。」

 

大げさすぎるでしょうか?

ご疑問の向きもとりあえずお付き合いください。

 

そもそも、誰かの喋ることに含まれている真実って何でしょう?

私は葛藤だと考えています。

みんな何気なく生きているように見えても、色々あるのだろうと。

喋るというのは、何か明確な目的があってそれを達成するために、というよりも、色々不確かなことがあるので探り入れながらより確かな感覚を得ようとしているんじゃあないか?って考えています。

なので、真実を明らかにする、ということであれば、なるべく具体的に、何を探ろうとしているのか?何が原因で探らなきゃなんない状態に置かれているのか?そういった話者の生(なま)の状況についてお互いに明らかにしよう、そしてよりよく知ろうとすることなんではないかなぁーなんて考えています。

そのように想像することができれば、人が人に対してあまり酷いことはやらなくなっちゃうんじゃあないだろうか?と希望的観測を描いています。

まあ小競り合いは起こるんでしょうけれど。。。

じゃあ一体何を巡って争いが起こりやすいのか?

バカバカしく思えるかもしれませんが、

似てるか似てないか?

それとこれは同じと言えるか否か?

これがこじれると「俺は清和源氏の血を引く、、、」とかかなり大げさな話になったりもします。

というかそれこそが人類の歴史なのかもしれません。

そのあたりまた詳しく話してみたいと思います。